ウェブカツ!!プログラミング初心者の記録【1ヶ月半】

こんにちは!早いものでもう2019年も半年終わりましたね。

昨日は東京で豪華なウェブカツオフ会があったそうで、ウェブカツ受講生のツイートがとても賑やかでした^^

オフ会によって、プログラミング学習のモチベーションが上がった!というツイートも!やはり実際に人と接すると色々刺激もらえていいですよね^^

にしても、ウェブカツのオフ会、豪華だったな〜〜

 

話が変わりますが、6月、私はどのように動いていたかというと。

実際にエンジニアの方とお会いし、お話を伺って今後のキャリアの解像度を上げていました。

 

そこから、そもそも論から考えを巡らすことに。

なぜウェブカツでプログラミング学習を始めた?

スキルを身につけ主婦になっても仕事がしやすい職に就きたい。

在宅勤務が奨励され、スキルがあれば賃金等に男女差が少ない職に就きたい。

そのためにエンジニアとして転職するのが良いのでは?

ウェブカツは現在エンジニアの人が学び直しに来るほど、カリキュラムが実践的で有益?

「ウェブカツでプログラミング学習をやってみよう!」

 

 

実際プログラミング学習を始めると、なかなかプログラミング学習が進まず、学習に面白さを見出すことができずにいました。しかしエンジニアになれば学習は今後も必須。なのにその学習を意欲的に行うことができない。これはかなりのDisadvantageだと認識。

一方で現職での学習は楽しく苦ではありません。どちらにしようかと思いあぐねていましたが、現職を極めて行くほうが自分にとって相応しいのではと考えるように。

苦にならず楽しくできる、というのはそこに自分の特性があることを意味していると。

やはり人間楽しくて夢中!、という状況が一番伸びますから。そこに論理的思考力が合わされば最強です。

 

上記を勘案し、エンジニア転職を視野に入れるのは辞め、現職でのキャリアアップを今後は目指していきます。

その代わりに、主婦向けにWEB制作の技術を習得するウェブカツライト版?が今後リリースされるそうなので、ウェブカツではそちらの学習を今後進めていこうと思っています。WEB制作技術により現職の幅が広がる可能性が高いからです。

 

 

やはり人間、一番大事なのは「自分への理解」だと再認識。

自己分析、自己理解とも言えるでしょう。

自分がどういう人間で、どういった特性・得意不得意があり、どんな方向に人生を歩んでいきたいのか。その問いに一つひとつ細かくメスを入れていく。

もちろん人間は社会的動物であり、他者に触れることで自己の新しい側面を見いだすことができるので、悶々と一人だけで考えるのはナンセンスだと思います。

しかし、自分を丁寧に見つめながら行動をするのと、しないのでは全く違うと。

ウェブカツでプログラミング学習をしながら、内省を深めていくことで気づくことができました。行動×思考の二軸で今後も進んでいきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です